経営者が会社成長と運営に専念できる

経理アウトソーシングを税理士がコントロール

会計プロセスの自動化や合理化をするために各種の解決策を提供できます。

創業期の会社から、会計システムを合理化したい中堅の会社まで、具体的なプロセス作成の確立をアドバイスいたします。

また、販売管理や支払管理、資金繰り予定など、当事務所はマンパワーの不足を補うべく、各種のソフトにもチャレンジしています。

各会計パッケージ(弥生、PCA、freeeなど)への対応もお客様と同一歩調を取らせていただいております。

幅広い経理アウトソーシング領域

税理士がコントロール

経理事務は今や消費税の処理と切り離せません。例えば、伝票の作成や請求書の発行というような経理作業でも、そこには消費税を意識した処理が求めれらます。

特に中小企業においては、消費税の資金繰り管理は、税理士の判断が必須となります。

領域の幅広い経理のアウトソーシングは、税理士のコントロール下で行うことで、消費税のミスを防ぐことが可能となります。

経理アウトソーシングのメリット・デメリット

経理を外部委託する場合、非効率になるのではないかと考えることもあります。

しかし、経理作業を従来の同じ昔ながら名の方法で、アウトソーシングするならコスト削減にはなりません。

そこで、今までの経理の手順を最短の方法に変化させ、金銭管理も決められたルールの下に行うようにすることで、お金にまつわる間違いも発生する余地もなくなります。

つまり、外部に経理を委託するということは、会社と会計事務所の契約に基づくものになり、互いに緊張感をもって業務を引き受けることが可能なのです。

お引き受けする経理作業

経理事務作業を任せられる社員がおらず、請求書の作成や送付、月末の業者や給料の支払いが届こうる。また、資金繰りなどの経理作業を経理の経験のない経営者や社員が行って

るなど、事務が停滞し、取引先からもクレームが来るということもあります。

また、大切な仕事をしているときに限って、請求書の発行や支払いなどの作業が発生する。忘れていた役所への書類提出の期限が間近に迫って焦ってしまう。

など、頭のどこかにいつもそんなことが引っ掛かっているものです。

当事務所では、社内で滞留している経理作業の一部から、全経理分野の包括的なアウトソーシング化もお受けしています。

おもな作業項目

まいったな
  • お請求書の発行売掛金の入金確認
  • 月末の支払業務
  • 資金繰り表の作成(オプション作業)
  • 給与計算
  • ファームバンキングによる定時の支払と入金確認
  • 月次の会計処理と業績把握
  • 年間の売上予想、利益予想、資金繰り予想作成(オプション作業) 

など、およそ企業に必要なすべての経理業務を仕様書を作成のうえ、お引き受けします。

経理アウトソーシングのクラウド化

電子帳簿への移行と、データのクラウド化で、経理作業を会社に出勤することなく作業が可能になってきました。

銀行の取引や顧客への請求、仕入先への支払いなど、全てが電子データでのやり取りで完結するようになっていきました。

月末の支払いも、電子データで入手した請求に基づき、ファームバンキングで支払い送金が完結できます。

デスクもなし、電話番もいらない、PCとデジタル回線があれば、テレビ会議で経理の打ち合わせに何の不都合もありません。

アナログの経理処理から、デジタル、クラウド、テレワークによる経理アウトソーシングへの変化により、経理作業の大幅なコストダウンも可能となっています。

お気軽にお問い合わせください。03-6436-0201受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ